特定医療法人健康会 京都南病院・新京都南病院看護師募集サイト

新京都南病院の仲間たち

看護部長メッセージ

京都南病院 看護部長

先を予測しながら行動することが大切

急性期看護に必要なのは、瞬時に患者さんの状態を捉え、先を予測しながら行動を起こすこと。それは病状だけを捉えればいいということではありません。 目の前にいる患者さんの姿を見ながら、その方の入院前の姿を頭に描き、その状態に近づけるために看護師としてどんな援助が必要かを自ら考え、行動する力が急性期の看護には必要です。 そのためには、専門的な知識や技術を学ぶ以外に、社会で生活をしている人とたくさん触れ合い、多くの価値観を知ることも看護師にとって大切な学びになると考えます。

野を広げて成長してほしい

在院日数が短縮し、急性期の病院はバタバタしがちです。そんな中でも看護師の心にゆとりをつくれるよう、業務を効率化させることに取り組み、患者さんに応じた看護を考え、やさしく安全に援助できる環境をつくりたいと思っています。 また、プライベートな時間も大切にして、病院以外でいろんな人と触れ合う時間もつくってほしいですね。 仕事のONもOFFも充実させてもっと視野を広げ、そうすることで患者さんを生活者として捉えながら、その人に応じた看護を自ら考え提供できる看護師へと成長してほしいと願います。

私たちは患者さんの未来を護る
当院は、診療科ごとに病棟を分けるのではなく、全ての病棟が外科も内科も混合でさまざまな疾患の患者さんを受け入れています。だからすべての病棟で共通しているのは「急性期の患者さんを看護する」ということ。

どのような疾患の患者さんであれ、私たち看護師が大切にしたいのは、患者さんに対する目の前の対応だけではなく、将来を見越して今の看護を考えるということ。 回復後、入院前の生活に近づくためにはどんな援助が必要かを考え、私たちは当院で「患者さんの未来を護る看護」を提供しています。

新京都南病院ナースストーリー